まさかandroidモメンで広告ブロックアプリ「AdGuard」を使ってないやつはいないよな? [308411934]

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイ 56bf-OgxR):2016/02/16(火) 12:47:54.65 ID:aaUt77QA0.net ?2BP(1002)

現在 UbuntuをOSに採用したスマートフォンを発売しているのはBQとMeizuのみだが、Caononicalによれば多くの
Android端末メーカーがUbuntuを採用する可能性があるそうだ(The Registerの記事、Neowinの記事)。

Canonical CEOのJane Silber氏はThe Registerに対し、同社はAndroidのOEMパートナーと定期的に話し合っており、
多くがUbuntu搭載スマートフォンを出荷することになるとの見方を示している。Silber氏によれば、Googleのパートナー
企業はGoogleによるAndroid OSの支配や、Googleの発売するデバイスが競争相手になることを警戒しているという。
ただし、Canonicalがどの企業と話し合いを進めているのかといった点については明らかにしていない。

Canonicalは初のUbuntuタブレットとなるBQ製のAquaris M10 Ubuntu Editionを2月4日に発表している。
同機はUbuntuデバイスで初めてコンバージェンス機能を搭載しており、外部ディスプレイとマウス、キーボードを
接続することでデスクトップPCとして利用できる。Ubuntu SDKを使用して作成されたアプリケーションは
デスクトップ・モバイルの違いを識別して、適切なユーザーインターフェイスを表示するという。
Windows 10で注目されているContinuumと同様の機能だが、今後のUbuntu搭載スマートフォンでも
コンバージェンス機能が成功の鍵になるとのこと。

少し前までは「第3のモバイルOS」としてさまざまなモバイルOSが注目を集めていたが、MozillaはFirefox OSの
スマートフォン向け開発終了を発表しており、Microsoftが2015年第4四半期に出荷したLumiaデバイスは前年同四半期の
半分以下となる450万台にとどまる。Nokiaの元エンジニアが設立したJollaはSailfish OSを搭載したJolla Tabletの資金を
Indiegogoで集めたが、出資者全員に出荷できず返金することを発表している。Tizen搭載スマートフォンもSamsungが
一部の市場で発売しているだけという状況だ。CanonicalによればデスクトップでのUbuntuユーザーは3,000万人程度
とのことだが、Ubuntu搭載モバイルデバイスは成功するだろうか。
http://www.zaikei.co.jp/article/20160214/293235.html

0件をまとめました。
最新情報はこちら

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク